対策を万全にしましょう

お風呂から上る前といかにお湯と冷水を交互に顔にかけることで赤ら顔の対策になるらしいです。

これは都市伝説的なものなのであまりやらないほうがいいかもしれません。

食事に関して言えば好きなモノばかり食べるのはNgですよ。

とくに今の10代の若い女の子たちは主食がおやつという人もいますからそういった人は肌がわるくなるので注意が必要ですね。

基本的には野菜中心の食事がよくて、あとはバランスよくさかなや肉を食べるのがいいでしょうね。

あとはマッサージをすることで赤ら顔の対策になることがあります。

親指をあごの真ん中にあてて、耳の後ろのリンパ節にむかって押しこむようにマッサージをしてみてください。

それからデコルテも同じように腋の下のリンパ節まで揉むようにするとめぐりがよくなって肌の赤みも緩和されることがあります。

最終的には赤ら顔の化粧水というものがあって、名前は白漢しろ彩というものなのですが、これは敏感肌でも安心して使えるのでおすすめですよ。

赤みの原因